姉系風俗嬢をよんでみた

感覚的なものですけどね

好みの風俗嬢なのかどうかは理屈ではなく感覚的なものだと思うのでうまく説明することは出来ないんですけど、一つだけ言えるのは風俗で遊んでいる時、やっぱり「この子良いな」と思うような女の子との時間だとこっちの楽しさもまた、全然違うんです。これは感覚的なものではありますけど、とても大切にしたいって思っていますので自分の感覚が揺り動かされるような女の子を選びたいなと。だからホームページを見ている時も細かい部分で判断するのではなくて画像を見て自分がピンとくるのかどうかで判断するようにしているんです。適当に選んでいる訳じゃなく、自分の気持ちがどのようなものになるのかと言うことを考えてのことなんですよね。それに、ホームページを見て心が動かされ鵜ようなタイプの風俗嬢を相手にすると、実際に指名しても楽しめるんです。やはり風俗はフィーリングも大切だなって思いますので、風俗ではホームページで画像とにらめっこからが一歩目です。

道具は効果的だからこそ使います

毎回と言うわけではないんですけど、攻め甲斐のありそうな風俗嬢を相手にした時にはオプションのお世話になることもあります。道具を使った方がより効果的な攻撃が可能じゃないですか。別に自虐しているとかじゃなく、道具と自分を比べたらどう考えても道具の方が実力が上ですよね(笑)ということは、風俗で遊ぶ時には自分で頑張って攻めるよりも道具に任せた方が女の子のよりいろんな表情を見れるし、いろんな表情を見せてもらうことによってこちらの興奮も高まるじゃないですか。ということは、自分で頑張って筋肉痛になったり、あるいは腕がつりそうになるって思いながら頑張るよりも道具に任せた方が効率が良いんじゃないのかなって思うんですよね(笑)むしろその方が素直に楽しめるものなんじゃないのかなって思いますの、オプションの有効活用は決して悪くはないですよ。電マはもちろん、ローターにせよバイブにせよ、かなりの「破壊力」を持っていますよ。